スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
田舎の秋を楽しむ
2006/09/26(Tue)
148.jpg


久しぶりの更新です
暑い夏が終わって、気がつけばもうすっかり秋
空は高く澄みわたっているし
陽射しは眩しいけれど、空気はキリッと引き締まっています。

庭を見れば夏の陽射しに焼け付いてしまったカエデが痛々しいけれど
ソコここに秋のおとづれが・・・・
そんな一日 南信州の秋を満喫してきました

出かけた先は 『浪合村』・・といっていたのは昨年までのこと
今年1月1日お隣の阿智村と合併されて 今はもう浪合村はありません。

まず行ったのは温泉です。
信州の温泉といったら諏訪や浅間そして湯田中や上田が断然有名なのですが
ここ南信州の各市町村にもかならずといっていいほど温泉があるのです。

138.jpg 139.jpg 140.jpg


ここはホテルですが 温泉だけ入るのもOK
その日午前は温泉は誰もいません貸しきりの状態です
温泉にカメラ・・なんて本当だったら絶対に出来ませんが
だあれもいないのをいいことにカメラを持って潜入です (笑
露天風呂に入りながらふと気がつくと
下駄が用意されてます・・・??
これって どこかにいい景色があるっていうことかしらと見回すと
膝丈の白いバスローブも綺麗にたたんで用意されています。
そして 露天風呂の先には遊歩道・・・・
行ってみるしかないでしょ 遊歩道の先に。
バスローブを羽織り、下駄を履いて遊歩道の先に進みます。
そこはもうまさに山の中の遊歩道
道の下のほうには清流が見えます。
秋の気配を感じながら何十メートルが進んでいけそうですが
足元は結構危ういです。
清流の音を聞きながら露天に戻りました。

それにしても温泉は癒されるわ??
昔は温泉なんて見向きもしなかったのに・・・歳なのかしら???
あまりに静かな温泉にウトウトしてしまうほどです。

温泉に入ったあとには 山里の味を食べに行きます。

134.jpg 149.jpg 147.jpg


ここは『トンキラ農園』。
磨き上げられた大黒柱で支えられた古い民家をそのままに、見上げると太い梁がそのままに見えます。
その中では 自在鍵を吊るした囲炉裏で魚や五平餅を焼いてくれます。
国道から少し奥まったところにある田舎料理のお店は
県外車がたくさん停められ、いつもたくさんのお客さんがくつろいでいます。
みんなよくこんな鄙なお店をご存知なのね・・・・

130.jpg 131.jpg 133.jpg


ここのお料理は本当に山里の季節料理なので
天ぷらはすぐそばの山で採れたウドの葉や柿の葉っぱ
雑きのこのかき揚げや汁物 なんかが出されたりもします。

中でも杉の木から作った細い板につぶしたご飯を貼り付けて焼いた五平餅や、山女の塩焼きは客の注文を受けてから囲炉裏で焼いてくれるのです。
のんびりと穏やかに時間が過ぎていくのを確かめるように
囲炉裏を取り囲んでいる時間もいいものですね。

決して豪華ではないけれども心づくしの山のご馳走をいただくと
もうお腹がいっぱいです。
入り口付近の土間には農産物も並んでいて 楽しめます。

そしてここに来るもうひとつの楽しみは

136.jpg 135.jpg


パン屋さん 『ほだび』です。
ほだび・・・って言うのは囲炉裏や暖炉の中にいつも絶やすことなく燃え続ける柔らかな火のことらしい・・・
このパン屋さんが天然酵母で焼くパンはずっしりと重くってとても味わい深いです。
3,4人がお店に入るともうお店はいっぱいになるほど小さなお店のパンは
予約しておいてから行かないといつもなくなってしまうほどのファンもいるらしい。
その日 私が買ったのはイチジクがしっかりと入ったハリネズミのパン
とあんぱん、そしてクルミのパン。

145.jpg


秋の紅葉にはまだ少し早いけれど
山をぬける国道は爽やか過ぎです。
午後3時を過ぎると空気は冷たさを増し 寒くなります。
そろそろ帰ります。

お土産はお隣村、いえ今はもう合併して同じ村になった阿智村に古くからある和菓子屋さんで買います。

129.jpg 127.jpg 128.jpg


もう何十年も前からこの小さな村にあって
こんな風に上品な和菓子を作り続けてきたのは『春木屋』さん
南信州飯田市は城下町だったこともあって
上品な和菓子屋さんが多いけれど
こんな田舎の村にも上生菓子を楽しむ文化があるっていうことがなんだかとっても嬉しいですね。

150.jpg

151.jpg


みつそ(蜜祖)・・・それは和三盆でつくる可愛らしい干菓子
小さくてただただ丸く固めたお菓子はとても優しい色で
素朴なお味です。
京都のお店が作る形にはとてもかなわないけれど
この可愛らしさがなんともいえず好きなのです。

田舎の秋はあっという間に過ぎ去ります。
気がつくと紅葉の秋は初秋の色に変わっていたりして・・・・

この秋のうちに もう一度山里の秋を楽しみにいけるかしら。

スポンサーサイト
この記事のURL | 四季の彩り | ▲ top
秋風が・・・・
2006/09/12(Tue)
141.jpg


あんなに暑かった夏もひと雨ごとに終わりをつげ
気がつけば秋の気配がそこここに感じられるようになりました。
昨年咲いたコスモスは、今年もその命をつなげて
あちらこちらに芽を出し、暑い夏を乗り切って
ようやく小さな花を咲かせはじめています。

いよいよ 夏の畑のお片づけをしなくてはならない・・・・・
暑さにかまけて 草取りもままならなかった畑は
いまやジャングル状態です。
写真などとても撮れない・・・・です、恥ずかしくって。
おまけにその畑の中にはやぶ蚊がいます、
相当心して近寄らなくってはなりません。

先週末の早朝5時、意を決して夏の畑を片付けました。

142.jpg


しばらく畑に近付かない間に野菜が出来ていました。
カボチャはごろごろと何個か 蔓にひきづられて姿を現しました。
もう終わったかなと思われていたゴーヤも
採り忘れられていたピーマンも
大中小といろんな大きさのオクラも
雑草の中から救出されました。

朝日が昇ってくる前には何とか仕事を終えることが出来てよかった??
日曜日の陽射しはまた夏を思わせるような太陽でしたから。

いくつか実ったカボチャで作った カボチャパン
蒸してつぶしたカボチャは思ったよりもホクホクしていて
パンの生地は綺麗な黄色になりました。

144.jpg143.jpg

この記事のURL | 四季の彩り | ▲ top
仕込み味噌と仕込み醤油・・・その後
2006/09/05(Tue)
この春先に仕込んだ味噌も醤油も発酵が進んでいますので
中間報告です。

124.jpg


こちらは仕込み味噌、
ずいぶんお味噌らしくなってきましたね。
甕を開けてみると 表面には1センチほど味噌だまりがたまっていました。
本に書いてあるとおりです♪
この味噌だまりをまたしっかりとかきまぜて、天地返しします。

126.jpg  125.jpg


そしてこれが 仕込み醤油

104.jpg


もろみからにじみ出てきているのがお醤油ってことかな???
まだ相当しょっぱいです・・・
それに色も薄いような気がします。
お醤油の方は布で蓋してあるだけですから
お醤油の桶のそばでは発酵しているお醤油の香りがほのかに立ち上っています。
なんともスローな懐かしい香りです。

109.jpg


こちらも天地返しをして また蓋をしました。

こうして楽しみながら待つ時間がいいのね・・・・
とりあえず 今は順調に発酵途中
出来上がりがいっそう待ち遠しいですね???♪



この記事のURL | スローフーズ | ▲ top
ステンドグラス
2006/09/05(Tue)
今年の春先 ちょっとしたきっかけからステンドグラスを始めました。
始めたって言っても まだまだ始めたばかり
ガラスの扱いを習って、ガラスを切ってみる・・・
これだけで何回かかったでしょう
ガラスはガラス専用のカッターで切るとスパッと切れるのですが
これが難しいです。
でも スーーーッと引いたカッターの線が綺麗に切れると快感です。

なかなか作品まで完成しませんが ひとつひとつの工程が面白そうです。

123.jpg


さて そのステンドグラスのお教室で『ステンドグラス美術展』を観にに行くことになり
駆け出しの私も参加させていただきました。

お教室の先生と友達と出かけた先は名古屋市松坂屋本店

日本全国からそして海外からも集まったプロとアマチュアの作品をいっぱい観てきました。
どうやって創ったのかな??と作品の裏を覗き込みたくなるような衝動を抑えながら
どれくらいたくさんのステンドグラスを観て回ったでしょう。

心も頭もいっぱいになるまで2時間以上 色々な作品を観ました。
これから先にこんなのも作ってみたいあんなのもいいなぁ・・・・
まだまだ先の先の事ながら 楽しい時間を過ごしました。

118.jpg


お昼はきしめん・・・と思いきや 今話題の『UDON』です。
名古屋では冷やしというのを「ころ」っていうんですね。
うどんころ・・っていえば、冷たいUDONのことらしいです。
写真を撮ろうって思っていたのに、撮り忘れました・・・(笑
「海老おろしうどんころ」っていうのをいただきましたが
なかなか美味しかったです???

午後は美術展よりももっと楽しみな ガラス屋さんへ
ここはいろんなガラスがある、ガラス問屋さん 十條 には

見てるだけでも楽しい様々なガラスが・・・・

121.jpg


120.jpg


棚の中にはメーカーやランクや色によって綺麗に分けられたガラスが
所狭しと並んでいます。
他の棚にはステンドグラスを作る道具や部品、本も・・・
ビーズのような小物から大きな機械まで
使い方も用途も私には分からないものばかりです。
でもね いいなぁ・・・って思うガラスを棚から取り出してみると

119.jpg


素敵な絵が何枚も重なっているような
一枚一枚がもうすでに作品になってしまってますよーーーー
こんな素敵なガラスを切ってしまうのがもったいない
いえ こんな素敵なガラスはお値段も高くって
ガラスカットひとつ満足に出来ないわたしなど 使うのが恐ろしいくらいです。

でもね一枚お気に入りのガラスをお部屋においておくだけでもいいですよね。時々お日様にすかして、照明を照らして、ガラスの色々な表情を楽しむのもいいなぁと思いました。

また そのうちにステンドグラスの作品が出来上がったら
ブログで紹介できるようになるといいなぁ・・・(遠い目

122.jpg


帰りには名古屋の手羽先で有名な『風来坊』に寄ってお土産調達
暑い夏がぶり返したような一日の終わり
ビールに手羽先で良い一日を締めくくったのでした。
この記事のURL | ステンドグラス | ▲ top
かんぴょう出来ました♪
2006/09/04(Mon)
116.jpg


先日細長く切って天日に干したゆうがお
あっという間に干からびました。
3日半・・・・もうこれ以上干していたらカラカラになるっていう手前で
天日干しを終了しました。    117.jpg



なかなかの出来栄えね・・・売っているのと変わらない!!
それにしても あんな大きなゆうがお(約3kg)だったのに
皮を剥いて種の部分を取り除いて干しただけで150gほどになってしまいました。

それで、先週末にはさっそく海苔巻きを作ってみました。

せっかく干して作ったかんぴょうをさっと水洗いします。
粗塩で弾力が出るまでもんでからたっぷりのお湯で10分ほど茹でて戻します。
水気をよく絞ってから 水・お醤油・きび砂糖で煮含めます。

あとはいつものマクロビ風の海苔巻きにしました。
定番の材料は 梅酢ベースの寿司酢、ほうれん草、赤梅酢漬けの大根、沢庵付けなど・・・

115.jpg

114.jpg


かんぴょうの残りは冷凍保存しました。
まだまだ残っていますから、後何回か楽しめそうです♪
この記事のURL | スローフーズ | ▲ top
かんぴょう作り
2006/08/20(Sun)
103.jpg


この暑さです 信州だからといって容赦のない暑さです。

今日買い物に行きましたら農協に立派なゆうがお
今年はもう何回も買っては薄いだし汁で煮たり、浅漬けにしたりして食べたのですが
今日はかんぴょうを作ってみる気になって購入  
太さ直径15cmほど長さ約40cmのもの 150円

だってこの暑さです
かんぴょうはゆうがおを薄く細長く切って干せばいいんでしょ・・・
なら この天気はうってつけです。

作り方は

108.jpg まず端を切り落として皮を剥く

107.jpg 中の種とわたをこそげとる

106.jpg 5ミリくらいの厚さに長く切る

105.jpg

 この帯のようになったゆうがおを天日に干す

とまあ あまりに簡単なレシピに自分でも驚きます。
かんぴょうはお洗濯用の物干しに吊り下げられて一日
ずいぶんやせ細ってきました。
本当にゆうがおはかんぴょうになるのでしょうか・・・・

ただ暑いからというだけで始めてみたゆうがお作り
この暑さが続けば 3,4日で完成しそうなのですが
もっとちゃんと調べてから作り始めればよかったかも・・・・・。
この記事のURL | スローフーズ | ▲ top
暑さ吹き飛ばしーーーーっ!!
2006/08/20(Sun)
立秋が過ぎたというのに暑い日が続きます。

今年は静かに普段どおりのお盆を過ごし
お盆開けにはまた東京に行ってまいりました。
以前から観たかった『ブラスト?:Mix』

113.jpg


聞きしに勝る会場の隅々までも圧倒してしまうパフォーマンス
楽器も躍り、踊りはどこまでも鍛え抜かれていて美しいです、感動です
天才バトントワラー稲垣正司のバトントワリングも競技とは全然違います
舞台上のマーチングがいつの間にか宙に舞い
電子パーカッションとともに強烈な舞台を創り出す
暑さにバテテいる日常を忘れるほど、自分までもがパワフルになった感じ

この日 東京は朝から降ったり止んだりの一日だったけれど
ここだけは太陽の陽射しが眩しい別世界みたいだった

さあ 元気を取り戻してエネルギーをチャーーーージ!!

夕飯は マレーシア料理のお店『夢飯(ムーハン)』

110.jpg


ここは“海南チキンライス”が美味しいお店
チキンライスっていってもトマトケチャップを使ったご飯ではなく
チキンスープで炊いたご飯にチキンが添えられてるような・・・
日本人にも食べやすくって そしてお値段もとってもリーズナブル
娘は海南フライドチキンライスにザーサイ入りタマゴ焼きをトッピング
私は海南チキンライスに揚げ玉ねぎをトッピング
とてもあっさりしていて食べやすいチキンライスです
そして デザートは

111.jpg


ロティ(薄く焼いたクレープ上のおやき)に
ピーナッツ・はちみつ・シナモンをトッピングしたものと
バナナ・クリームチーズ・コンデンスミルクをトッピングしたもの
そして黒ゴマとココナッツミルクの白玉ぜんざい

甘??い スイーツです半端なく甘い!!
でも美味しいのよ・・・

ああぁぁぁ・・・・・・また 誘惑に勝てなかった・・・
この記事のURL | 日記 | ▲ top
ジャングル畑で発見!
2006/08/14(Mon)
097.jpg


しばらく・・・いえ、本当はずっとほったらかしてしまっていた畑に、
夏の野菜が実っています。

この双子みたいなカボチャは、なんとレッドロビンの生垣に這い上がっていった蔓の途中に 宙ぶらりん状態です。
食べた時おいしいなって思ったカボチャの種を試しに蒔いてみたところ、いっぱい芽が出ていたので気をよくして畑に植えておいたのですが、本当に自然の力はすごいです。
こんなに立派なカボチャが思いがけない所にできるんですから。

と、足元を見ると あれーーー?今度は白っぽいカボチャです。

101.jpg 1号

100.jpg 2号

099.jpg 3号


これって 畑の端に掘った生ゴミを捨てる穴から芽を出したカボチャの芽だと思われます・・・・・
今のところ3号までは確認できたのですが、まだまだ実がついているのかも知れません。
なにしろ 足の踏み場もない程草が伸びてしまって、畑の中に入っていけません。
まずは草取りをしなくっちゃ・・・ね。

昨日はお墓の草取り、一昨日は実家の草取り・・・
全く雑草に追いかけられているような気になるのですが
これって終わりのない戦いのようなものですから。

それでも 雑草を掻き分けて今日の野菜を収穫しなくっちゃ

102.jpg


098.jpg


初めて実ったちびっ子ゴーヤ1個とピーマン5個
元気なお日様の匂いがしますよ♪

カボチャはいつ頃収穫すればいいのかな??
まだ 早いんでしょうか・・・・・

この記事のURL | 四季の彩り | ▲ top
庭のバジルで冷たいパスタ
2006/08/11(Fri)
093.jpg


庭に植えたバジルも知らない間に成長していました。
パスタはあんまりお得意じゃないけれど、このバジルは今が美味しいのね。
何とかしていっぱいバジルの葉を食べたいなぁ・・と思い 思い切ってパスタに挑戦です。

でも、材料が・・・
とりあえず生協で届いたままになっていたスパゲッティはあるけれどね
で、登場したのはこの間掘ったばかりの新小ジャガイモです。
なぜか今年は大きいジャガイモが一つもなかったの・・・
みんな仲良く小さな子ばかりです。

スパゲッティとジャガイモは一緒のお鍋で、時間差でお芋と麺が一緒に茹で上がるように茹でます。
さらに茹で上がった麺と芋を取り除いた鍋に卵を入れ蓋をすると5分ほどで温泉卵になるのね。

さて麺とジャガイモは茹で上がったら氷水で冷やし
バジル、オリーブオイル、粉チーズ、にんにく、松の実、塩、胡椒なんかを入れてガーーーーーッて混ぜたバジルソースで和えました。
最後にのせたトローリ卵 これが美味しかった。

本当はちょっと茹で汁を入れたほうがソースがからみやすかったかな・・・
塩味も薄くって、塩コショウは食卓でフリフリします。
久しぶりの冷製パスタ 手抜きしたのに思いがけず美味しくできました♪

この記事のURL | ご飯 | ▲ top
冷え冷え玄米粥
2006/08/08(Tue)
089.jpg


暑い日が続いて いよいよ食欲がなくなってきました。
どんなに暑くっても食欲だけは落ちないのっ!!
って それだけが自慢でもあったのに
昨日の午後になって冷たい麦茶も飲みたくなくなってしまいました。

こんな時にはお粥ね。
お粥は出来るだけ薄く作って重湯をいただくのが大好きです。
でも 夏のお粥は早めに作って冷やしていただきたいものですから、
昼過ぎには土鍋を用意します。
こうしておけば お夕飯には冷え冷えお粥にして置けます♪

あとはふりかけでも梅干しでもいいのよ
玄米は栄養たっぷりだからね???

一人で食べるお夕飯 思いっきりの手抜きです。
常備菜をちょこちょこっと並べて済ませちゃいました♪

090.jpg 091.jpg 092.jpg

この記事のURL | ご飯 | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。